2017年3月4日土曜日

根付 其ノ玖拾参

『 陰嚢奥儀四十八手 三畳敷皺入道 』
素材 : 鹿角、黒檀



最初に断っておきましょう

これは春画根付ではありません!

わかってます!

そんな憶測飛び交う作題の今回の根付は何かと言うと・・・



日本に生息する野生の狸は人の目届かぬ深山にて
人間同様の社会性を持った生活をしております

そして何より
人間を化かす事を至上の喜びとしているのは周知の事実

特に里山で人間と接する事の多い個体群は概ね特殊な能力を有し
資質のある者は上位個体群の教育の元鍛錬を積む事となるのです

狸の特殊な能力と言えば
陰嚢の伸縮を用い幻覚幻視誘眠を引き起こす陰嚢幻術

数百年かけメソッド化された鍛錬法により
第一手「一畳敷皺隠」から
第四十八手の「四十八畳敷奈落蒸沼皺地獄」まで
四十八の基本幻術を順に体得していきます

丁度これから初級クラス二年目の生徒が
第三手「三畳敷皺入道」の習熟試験に挑むところです

ポイントは煉り上がった入道を意のままに操れるかどうかというところ
陰嚢の錬り込みが甘ければ皺入道は自我を持ち
逆に術者が弄ばれる逆幻覚状態へと堕ちてしまいます

さてこの生徒は成功するでしょうか・・・

今頭に術式起動葉をのせ「むんっ」と力んで
おっ!?

おぉ立派な皺入道が煉り上がっ
あっ!あぁっ!!!

・・・逆覚幻

堕ちちゃいましたねぇ



うむ
コレお下劣ですかね?

だって狸なのだものー

じゃ彫ります♪





鹿角です





六面図





大変立派なキャンタマでございます
しかし錬り込みが甘かった・・・





一瞬の隙に頭上の術式起動葉を掠め取られ

「んむ゛っ!?」
制御を失い固まる狸訓練生

「はっはーっ好きにやらせてもらうぜぇ!!!」
してやったりな皺入道





サイズはこんなちょと長め





今回の紐通し
皺入道のアバラと上腕の間から
紐の結び玉を収めます





おまけショット色々





一週間後に再試でーす
根付「陰嚢奥儀四十八手三畳敷皺入道」完成です



陰嚢奥儀四十八手でよく知られているのは
第八手「八畳敷夢座敷」ですよね

人間を八畳敷に拡張した陰嚢に誘い込み
酒宴の幻覚に堕ち乱れた人間の痴態を肴に一献楽しもうという
粋な狸の酔狂な戯れ

他にも
血族特有のその家系にのみ伝わる
一子相伝の陰嚢幻術は陰嚢秘伝と呼ばれ

自らの尿を清酒に変え無限に湧き出させる秘伝「眠リ酒泉」

なんてどうしようもないものから

八十畳敷にまで煉り上げた陰嚢に包まり
カッチカチに圧縮して巨大な岩塊となった後
山道を行く人間目掛け転げ落ち死を覚悟させるが
下敷きになっても柔らかでだいじょーぶ
という秘伝「嚢岩殺殺」(フクロイワゴロゴロ)

なんて実戦的なものまで多種多様

更にハイクラスな術者による
三桁畳以上に煉り上げられた陰嚢から繰り出される幻術は
陰嚢秘奥義と呼ばれ
編出した術者は神格化されているのだ

中でも伝説の陰嚢幻術師である
美濃狸神斎(ミノウライジンサイ)が編出した
「陰嚢秘奥義千畳敷無限合戦賽ノ河原」

千畳敷に煉り上げられた陰嚢により原野の幻影を作り出し
引き寄せられた関ヶ原で戦死した数万の落ち武者の霊が合戦する最中
放りこまれた人間はものの数秒で狂い死ぬという

陰嚢秘奥義中の秘奥義として今だ語り草となっている



えーっと

あれ?

オレは一体何を長々と書いて・・・



あ!

僕の私の考えた陰嚢奥義大募集中です♪

うそです



2017年2月18日土曜日

Figure carving : # 001

『 BEELZEBUB 』
Material : Stag antler , Brass



その昔

世が穢れ無き無垢の魂で溢れていた時代
我は大地に豊穣の糧を施しその営みを見守っていた

ただ慈しみ見守る者であったのだ

いつしか魂の一群が我の存在に気付き
我を崇め称えるようになった時

自らを豊穣の神とする事を受け入れ
未来永劫の豊穣と無垢なる魂の繁栄を約束した

どれだけの時が流れたか

この辺境の地に
白銀の鎧を身に纏い十字の旗を掲げた旅団が
「何もしない神」を伴い現れた

彼らの心もまた清らかに無垢であり
妄信による疑う事無き情念は
我を異教の邪神へと貶めた

辺境の地が須らく
「何もしない神」の「在りもしない加護」に染まった時

我は抗う事無く慈悲をもってそれを受け入れ
無垢なる魂達へ最後の豊穣と祝福を与え

堕天したのだ

これは全ての魂への

復讐の始まりである

「忌伝神話系譜録」第四章「糞王生誕序章」より抜粋

なんて

唐突に前置きも無く書き綴った
アレ設定なオレ設定の元

鹿角フィギュアを彫りますです♪





鹿角です
あ、根付じゃないのですよ(汗)





四面図





今回ホントに撮影で泣いた
縦長で細くて大きい作品写真撮るの
なんか上手くない(涙)
なので纏めて置いときます
画像クリックすれば拡大気味画像御覧頂けます





では蝿の王”糞王”BEELZEBUB様の携えたアーティファクトを御紹介
因みにBEELZEBUB様のアーティファクトは
全て"Rot deterioration"のエゴ付きだよ♪

Sword of putrefy
”Grateful Rot”
刃に触れた者全てを瞬時に腐敗させ大地に還す腐の邪剣
堕天前は生命循環の聖剣であった・・・

Fook of more painful
”Pandemonium Chorus”
とにかく痛い拷問手鉤刃
その痛み通常の刃傷の約4256倍(当社比)

Knife of painless
”Smiley Butcher”
切られた事に気付く事無しな無痛の肉切り包丁
なのに切れ味は悪し

Short whip of anguish
”Saints' Regret”
聖者の魂に苦痛と棄教の喜びを与える短鉄鞭
使用する相手を見誤るとただの御褒美になる可能性も・・・

Scythe of exploitation
”Soul Harvester”
魂の芽を刈る死神の大鎌
魂の芽を刈り取られた者には天国も地獄もなく「無」が訪れるのだ





弱き魂
迷える子羊どもよ
汝等に再生の喜びと後悔を与えよう





台座には金色の芽が萌芽しています

BEELZEBUB様
元は豊穣神であったので
御身の周りでは
御自身が発せられる豊穣の力場に触れた新しい生命が芽吹きまくり
生命の営みを終えた者からは魂の芽が萌芽します
その魂の芽が「ヒト」のものであった場合
躊躇なく”Soul Harvester”を用い刈り取り
魂の転生 生命の循環を絶つのです





我が力欲するならば其の魂と引き替えに
今生の豊穣を確約せん
鹿角フィギュア「BEELZEBUB」完成です

鹿角フィギュア製作への経緯は以前投稿した
の記事を御一読頂きたいかなと思いますが

何故に根付作家が鹿角でフィギュアを?

とか

何故に花影抄/根津の根付屋がワンフェスにディーラー参加するの?

とか

現代の「置物」としてのフィギュア考

とか

また別の機会に書かせて頂きたい事もいっぱいありありで・・・

色々と仕掛けてますよね?

面白くなってきましたよ!?

超ー楽っすいー♪

また彫るね!



2017年2月11日土曜日

緒締 其ノ弐拾壱

『ぷりぷりお多福』
素材 : 鹿角、黒檀



ハイ

何を言っても根付「猫にゃらい」の完成が
節分に間に合わなかった事の言い訳にしかならない
そんな今日この頃

間に合わなかった次いでだ緒締も彫らせてもらうぜぇ
と彫り始めたのは
節分鬼の根付のカウンターパートとしてのお多福の緒締

鬼役を買って出た猫又兄又市の弟が被っていたお多福面と
豆の入った桝を併せて緒締にしようと彫り始めたのですが
彫っているうちに色々設定が沸いて来ちゃいまして

お多福のふくよかなほっぺを見ていると

頬の膨らみは「怒ってぷーっと膨れてる」から

とか

じゃ何で怒ってるの?

とか

桝に山盛り入ったお豆が撒けないお豆だったら・・・

とかね

彫りましょー♪





でこんなぷりぷりしちゃいましたー
六面図





指先にぷりぷりお多福
そのお怒りの理由は・・・





見て見てお豆が黒いでしょ

黒豆?

ちがうの
お多福豆なの

お多福面なだけに

えーっと・・・





お多福豆?
甘ーく炊いたそらまめじゃない?
ぺとぺとしてるじゃない?
そんなん豆撒けないじゃなーい!!!
っていう乙女の怒り
ぷりぷりお多福なのでした





紐が通るとこんな感じにぷりぷり





乙女の怒り
出展:マカロニほうれん荘
緒締「ぷりぷりお多福」完成です

それにしても改めて思うのは
こめかみの十字は「怒り」を表す漫画表現で
怒りの記号な訳だけれど
ホント怒って見えるから不思議
幼少期から漫画に慣れ親しみ
無意識に刷り込まれているという事も言えるかもですが
やはり漫画は偉大なりです

それと桝の中のお豆をお多福豆にした時点で
根付「猫にゃらい」との関連性が失われてしまいましたので
こちらは緒締のみで販売する事に致しました

でも早速新たな
「節分鬼のカウンターパートとしてのお多福」
を思いついてしまい緒締で出すにはもったいない感じなので
来年の節分にはそれを根付化したいと思います

そりゃもう
猫ですよ

至水が「猫」言ったら
以下略