2012年12月28日金曜日

根付 其ノ弐拾陸


『蝦蟇仙人
素材:象牙、水牛角
今年の根付 今年の内に
という事で
ブログ連投する至水です

この「蝦蟇仙人」
facebook に下絵を UP したのが8月8日!?
随分経ちましたねぇ・・・(遠い目)


さて先ずは
 象牙ブロックをザックザク粗彫りから
実は象牙を使うのは今回が初めてなのですが
鹿角にくらべ柔らかく彫り易い感があるのですね

彫り、磨き終了
鹿角にくらべ艶も出し易い気が・・・
そしてイイ艶

六面図
今回の染めはホントあっさりと

青蛙神さん
水牛角の瞳がキラキラ

「!っ」
が、蝦蟇仙人様 ・・・?

サイズはこのくらい
蝦蟇仙人様の足指突出が不安・・・(汗)

仙人史上過去最大級の青蛙神を釣り上げた蝦蟇仙人様
持ち帰ろうと背負った瞬間腰に激痛が走る
「う゛っ」

な感じで

根付「蝦蟇仙人」の完成です

2012年、今年最後の完成品は「蝦蟇仙人」になりました
来年は残りの八仙も彫りたいですねぇ
もうやりたいモチーフは山ほどあるのに手が追いつかないという・・・


来年一発目の根付は2013年の干支「巳」がらみのアレです
ホントは12月中に上げる予定だったのですが
間に合わなかったぁ(涙)
お楽しみに








2012年12月26日水曜日

Small articles : No.005


『石上千年ノ末
素材 : 鹿角、黒水牛角、真鍮、牛革、竹

提物「石上千年ノ末」の製作
まだまだテンション高く維持したままのスタートです
しかしこの時点で作品展まで残り4日
急ぎますっ!

時間無さ過ぎで作業途中の画像を残せておりません(涙)
「石上千年ノ末」が指し示すのはこの前飾りの事でして
本体は鹿角
傍らの鴉が黒水牛角
野晒しの額に開いた「第三の眼」と鴉の瞳は共に真鍮

カウレザーで煙草入れ風提物を製作
根付、緒締、提物を 超電磁合体!
薬指を帯の上端とイメージして下さい
根付が帯に引っ掛かり
こんな感じで提物が腰にぶらさがるのですね
 
内側

おわかりでしょう

内張り無し
留め金はスナップボタン
蓋の角は出てないし
折り畳み部の縁は革切りっぱなし(涙)
超手抜き!

もう作品展に間に合わせる事だけを目標に
オミット諦め力技で完成まで持ってったもんで
売り物にはなりませんです(笑)


一羽の鴉の傍らに転がる
石上千年の末最早骨片と成り果てた行者の骸

畢竟野晒しの額に開いた天眼は
すべからく宇宙の真理に到達せしめる・・・
大仰ですなー(笑)
的な

提物「石上千年ノ末」完成です!

超突貫作業で完成させた三つ揃えで
提物の縫製は悲しい仕上がりですが
結果として来場者の方々に
「根付はこの様に使います」
という事が伝わる展示になり良かったです


超濃密な突貫作業の2週間を終え
プレッシャーから開放された途端
薄笑いを浮かべつつ泥のように眠り続けたのも
最早良い思い出

展示会という祭りが終わり
また根付を彫りまくる日常に戻って行く至水なのでした




緒締 其ノ陸


『石上百年ノ行』
素材 : 黒水牛角、鹿角、真鍮
根付「石上十年ノ行」に続き
緒締「石上百年ノ行」
テンション高くスタートです

石の上で百年経っちゃった感を出したいので・・・

本体は黒々と水牛角
象嵌パーツは鹿角を濃い~く染め
眼には真鍮を嵌めます
百年経っても「ぎらりな眼光」は衰えておりません!

組み上がり
ミ、ミイラ化しちゃってますけど・・・
(百年経ってますからねぇ)

四面図

我「石上百年ノ行」に移りて後
より深き悟りの深淵に到達せしめる
的な

緒締「石上百年ノ行」完成です!

根付とのツーショット!
ビフォー アフター です


次は提物
「石上千年ノ末」
せ、千年!?

GO!!

根付 其ノ弐拾伍


『石上十年ノ行
素材:鹿角、真鍮
10月末に開催された作品展
縁あって主催の方から出品のお誘いを頂き
根付と鹿角装身具で参加する事になりました

しかし手持ちの根付はタグアナッツ製の初期作品ばかり
せっかくなので売物クオリティ根付を新作で追加と思い
急ぎ意匠を考える事にします

しかし開催日まで2週間を切ってます(汗)

更に悪い癖で
「根付はこの様に使用するのですよ」と解るように
根付+緒締+提物
の三点で意匠を揃え製作しよう
などと自らの首を絞める行為を発動!

で、頭に浮かんだのが達磨モチーフの三つ揃え
「石上十年ノ行」に挑む修行僧の形態推移、至る千年後・・・
はい即決ですっ!
(時間も無いからーっ!!!)

そして濃密な2週間に突入するのでありました・・・

鹿角の根元、冠部分をザクザクいきます

彫り、磨き完了!
今回象嵌する眼の素材には真鍮をチョイス

「石上十年ノ行」を完遂した刹那の眼光
ぎらり
真鍮は緑青吹いちゃうかなと思い敬遠していたのですが
石とは違った「ぎらり感」がイイですねぇ
気に入ってしまいました

六面図

払子がなびいてます

サイズはこのくらい
小ぶりです

石上十年の行完遂の刹那
ぎらりと帯びた眼光の先に悟りの境地を見る・・・
的な

先ずは「石上十年ノ行」の完成です!

最高のテンションのまま
次は緒締 「石上百年ノ行」 に GO !!

不眠によるナチュラルハイと思われます・・・



2012年12月12日水曜日

根付 其ノ弐拾肆


『大食
素材:鯨歯、鹿角、水牛角

いつもの如く
facebook のタイムラインをつらつらと眺めていたところ
思わず目を奪われた投稿がこちら
コラン・ド・プランシー著 『地獄の辞典』 に
M・L・ブルトンが描いた悪魔の挿絵をまとめた画像!

幼少期にテレビマガジン&テレビランドの熱心な読者であった
私のハートを見事にワシヅカミ!

何故ならば
当時のテレビマガジン&テレビランドには付録として
この画像な感じでライダー怪人やウルトラ怪獣が印刷されたカードが
まとまって付いており、イラスト毎に切り離すと
「ライダー怪人トランプ」やら「ウルトラマンカード」やらが完成するのですね
異形の輩が大好物の至水少年は
もうこのカードというアイテムが大好きで大好きで
紙がヘロヘロになるまで弄り倒し、眺めてはニヤニヤしておったのです


さて
時は流れ不惑の歳に突入した至水おぢさんですが
この画像を見た瞬間
「こいつら片っ端から根付化してぇ」
という衝動に襲われまして

やっちゃいました・・・
先ずは第一弾
地獄の象さん・暗黒のメタボプリティ・・・
ベヒモス様で御座います(涙)

六面図


背肉むちむち


あぁ・・・目がいっちゃってる
食の事しか考えてません


サイズはこのくらい
素材の鯨歯が小ぶりだったもので
小っさい!
ベヒモスなのに(汗)


腹肉をたくし上げつつ
根付「大食」の完成です

悪魔の根付ってどーなの?
という気がしないでもないのですが
Gallery 様からは悪魔モチーフでも
「問題無いのでは」
と言質も取れてますので
また彫ります(喜)

次は
ベルフェゴールかな
それとも
ベルゼブブかなぁ
うへへへ
わくわくすっぞ